元同僚のアドバイスでちょっと尻込み…

昨日、とある知り合いから独立に向けてテナントの物件を紹介されたものの、その知り合いが私と一緒にやってくれるかどうかでお店の構想も選ぶ物件も変わっちゃうよねという話。どうなの?と聞いても「う~ん、物件次第かな」みたいに濁されてしまい…。いやぁ、まあ私が心もとない人だっていうのは自分自身でも思いますから、そう簡単に一緒にバンジーを飛ぶとは言えない気持ちもわかりますよ。

人間って、自分勝手に生きたい時と周りの人と調和して生きたい時とその狭間で揺れ動いて考えがブレるのはある程度仕方ないことじゃないかって思います。私の場合、欲を理性でおさえこもうとすると気持ちの落ち込みにつながったりするので難しいところです。結局、自分にとって一番良くないのは勝手な振る舞いを周りの人から注意されて、元気をなくしてしまうことだと思うんですよね。

少し話がそれましたが、今回の独立の件も理想だけ言えば自分一人で好き勝手にやる方が気楽だなと思ったり、でも今の自分の実力では自信がないし、二人でやった方がだらけずに頑張れる面もあると思ったりで気持ちが揺れ動いている状態です。

そんな中、本日は元職場で過去に独立してお店をやっていたという男性の元同僚に施術を受けながら話を伺いに行ってきました。いろいろ聞きましたが、中でも注目したのはその元同僚の若い男性の知り合いが自宅マンションでリラクゼーションのお店を始めたけど、1週間で数件くらいしかお客さんが来ていないらしいという話。ホットペッパーにも掲載しているし、そこそこ発展している駅のまあまあ駅近みたいな場所で、ですよ?

その後、いつも施術をお願いしている女性の元同僚にも相談して、「いやぁ、何かウリがないうちはよした方がいいんじゃない!?」みたいなニュアンス。たしかに私よりも明確にお客様からの支持があるセラピスト達でも上手くいかないという話ですからね。

たいがいの人は独立は難しいんじゃないかって言うし、自分でもそう思うし、でもそのとある知り合いだけは物件を私に紹介してくるような状況。私でも成功する可能性があると思っているのかなぁ?それともあまり深くは考えてないのか?勧めるなら一緒にバンジー飛んで欲しい気もするけど(笑)。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です