個人情報と良い施術、どちらが大事?

①16時~50代男性 常連様 体30 やや強 備考:次の予約があるため30分に
②17時~30代男性 常連様 体60足40頭10 強 備考:4か月ぶり、外国出張帰り
③20時~20代女性 リピ 体60 中 備考:半年に1回のペースで来店
4月1日(月) 曇晴 A店 スタッフ2名 収入6150円 施術200分 出勤時間16~21.5時 時給1118円 交通費0円 返客1名 

昨日?お店の上役同士で会議があったそうで新副店長より新たに決まったことを伝えられました。その中に「個人情報に関わることはカルテに書かない、ただしお客様の体に関することだけは良し」というものがあり、これがじわじわと私をいらだたせました。

まあセラピストのAさんに話したことをBさんも知ってた!であとあと問題が起こる可能性もあることは理解できるんですけど、その代わりせっかくリピートしてくれたのに全然お客様のことを覚えていない場合があってもいいの?という話です。それにお客様の行動パターンからコリや疲れの原因を探って施術の経験としてつなげていくのが楽しいのに。そんなんで他のお店との生存競争に勝ち残っていけるのか。

昨日は昨日で新副店長から「ネットの予約表は当日の画面に戻しといてください」って注意されるし。で、今日は言ったそばから新副店長だって画面を戻し忘れてるしね。だからそんな小さなことをいちいち指摘しなくたっていいと思うの。でもお互い何にいらついているかと言えば事実よりも人なんですよね。だって自分の好きな人が同じことした時はきっと気にならないはずだから。

もちろん私がいろいろ悪さするからこういう人間関係になったのは認めるとこだけど、修復は難しい…。最近ここでも一応書けないことも含め、某同僚の訴えで新ルールが決まったあたりから精神衛生的に悪い事象が連チャンしてます。そんな中でもお客様には恵まれ結局3名様、帰りは冷たい雨に降られてびしょぬれになりましたとさ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です