割と忙しくて5件、よく頑張った…

先週B店の常連様とお話をした時に「このビルって5階建てですよね?」と聞かれて、そういえば何階建てだかわからない自分に気付きました。最初にB店で働かせてもらってからもう3年近くなるんですけど、古い建物でなんせエレベーターがないもんで…。B店は3階にあるんですが、このビルの良い点を挙げれば1階にまあまあ有名なラーメン屋があるおかげで道案内しやすくて助かってま~す。

①10時~30代男性 常連様 体60 強め 反応:まあまあ
②12時~40代女性 リピ 体60 やや強め 反応:まあまあ
③14時~50代男性 リピ 体60 中圧 反応:まあまあ
④15時20分~30代男性 常連様 体60 やや強め 反応:まあまあ
⑤16時半~60代男性 常連様 体60 強め 反応:まあまあ

1月22日(火) 晴 B店 スタッフ1名 収入9000円 施術240分 出勤時間9.5~20時 時給857円 交通費348円 返客1名 1月累計収入83150円-102.5時間 時給811円

ああ、やっぱ早番はキツいなぁ…。朝8時に起きて風呂入って洗濯物を干してから電車でB店に到着すると、床にじゅうたんが貼ってありました。数ヶ月前に社長がその30センチ四方くらいのじゅうたんの束を持ってきたはいいけど、ずっと置きっぱなしになっててその角に足をぶつけたりするなどジャマだったのでようやくせいせいしましたよ(笑)。

①のお客様は全身のハリが強くてきれいにほぐしていこうと思ってやっていたら全然時間が足りず。ざっくり言えば標準レベルのお客様の倍くらい時間を要する感じです。こういう時ほど腕の見せどころなのかなぁ?他のスタッフはどういう考え方で施術しているんだろう?今の私みたいにほぐす意識?気持ち良い施術を目指す?経絡の流れ?私はお客様の要望を聞いて時間内で最も満足してもらえる方法を探るのがベストかと現状思っていますが、どうなんでしょ。

②のお客様は四十肩で腕が上がらないとのことでした。そのあたりを動かすと上腕の外側あたりがひっかかる感じなんですが、どういう原理でそうなるのかがわからず。全体的にはほぐせた気もしたんですけど、お客様の反応を見るともう少し強めで心地よい施術を目指した方がベターだったかも。施術者だけがほぐせたと満足してても仕方ないので、もっとお客様によってやり方を変えるべきかな?

当初の予約は④のみでしたので洗濯物は後回しにして余裕ぶっこいていたら、③、⑤と急に予約が入ってほぼ3件連チャンになりました。セラピストならこれくらいみんな当たり前でやっているでしょうが、疲れて少し頭痛がきましたよ。でも18時以降は予約が入らずそのまま閉店し、今日も5件よく頑張りましたっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です