ドライヘッドスパ専門店 脳のリゾートAmeri(船橋)へ行ってきた!



(実際に訪問したのは2018年7月です)

ドライヘッドスパ専門店 脳のリゾートAmeri

私が働いているお店の副店長よりこちらのお店の評判を聞いたので、偵察に訪れることにしました。ちなみに私はドライもウエット?もヘッドスパという名前の施術を受けたことがなく、料金も40分¥5900とお高めの設定ですし、どんなものか。

場所はJR、京成船橋駅から徒歩6分ほどと少し歩きますが、南側方面の大きめな通りに出ればあとはまっすぐなのですぐにわかると思います。ビルの3階まで上がって店内に入ると、そこはまるで洞窟内、テーマパークのような世界。穏やかで落ち着くBGMとブルーライト、店の雰囲気は文句なしの◎です。

店内のイスに座って少々待つと、接客を終えたばかりのきれいな女性のスタッフさんに対応していただき個室まで通されましたが、「担当は別の者がまいります」と言われてテンションは↓↓↓。私はあなたに施術して欲しかったのに…。やっぱり私が働くお店でも自分が担当するお客様は他のスタッフより前に行って待ち構えていないと、施術する前からガッカリさせちゃダメですな(笑)。

広めの個室にはベッドではなく、リクライニングできるゆったりとしたイスがあり、足置きに脚をのっけてあらためて担当のセラピストさんから説明を受けました。施術中はあまりしゃべると良くないですとか、脳疲労を取ることでコリを解消するといった話でした。



そして施術スタート。

事前にもみほぐしのお店ほど強くは押しませんよとは言われましたが、もしかしてスウディッシュマッサージのような撫でる感じ!?というのを想像してたのでそれよりかはしっかり目に入れてくれて気持ちいいです。でも顔をやっている時にもっと垂直方向に押してくれた方がいいのにな。お姉さん、ひょっとして慣れてないのかな?って思ったんですけど、場所が頭に移ってもそういう引っ張るような施術方法を変えようとしないので、ああ、これ。意図的にそうやってるんだってことに気付きまして。終了後にセラピストさんに話をうかがったらやっぱり筋膜を伸ばすコンセプトで強く押すと毛細血管が潰れてしまうからとのことでした。こういう施術方法もアリなんですね。

そして施術中はすごく私の力も抜けている感じ。例によって頭の中では何かをグチグチと考えていたんですけどね。その内容が思い出せないあたりは半分夢の中にいたのでしょうか。気付いた時にはやべっ、いま意識とんでた?といった感じで。13時までに来店したサービスでプラス10分してもらって計50分があっという間でした。

だるくなく心地の良い目覚め。頭皮もかつてない柔軟性が感じられて眉やおでこを動かすとそれに連れてしっかり動いてくれる感じで、口もスムーズに開くようになった気がします。担当のお姉さんによると、そんなに頭皮自体はかたい方ではないけど、側頭部は割とかたまっていて

それはストレスや怒りによるものかもだって。

ビンゴ…(笑)。

最後においしいドリンクサービスを受けて終了。いやぁ、良かった良かった!とくに寝つきが悪い時に自宅の近くにこういう店があるといいですね。私が働くお店でもリラックスして寝てもらうコンセプトでヘッドの長いコースを設けてもいいのかなって個人的に思いましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です